>>メンズリゼでの脱毛経過の記事はコチラから

Oラインの毛は、他の人はどれくらい生えているの?Oラインのおすすめ脱毛方法は?

Oラインの毛は、他の人はどれくらい生えているの?Oラインのおすすめ脱毛方法は?

Oラインの毛って、自分で見ることがないので、自分がどれくらい生えているのか?それとも生えていないのか?気になりますよね。

わたし自身は、Oラインの毛を意識したことがなかったのですが、リゼでVIO脱毛をしてお尻のふき取りがすごく楽になり、

ことは
ことは

Oラインにも、毛があったんだな。

と実感した次第です。

自分では見えないOライン。

毛が生えているのが普通なのか?またOラインの毛はない方がいいいのか?について見てきましょう!

Oラインの特徴

Oライン

Oラインはどこの部分なの?

VIOのOラインとは、おしりの肛門周りの毛を指します。

Oラインの毛の特徴

Oラインは、自分でみることがないため自分がどれくらい生えているのか?どんな毛なのか、よく分からない方が多いのではないでしょうか?

このOライン実は毛根がしっかりしていて、毛が太く、色素が濃い部分になります。

剛毛の方は、ショーツからはみ出るという恥ずかしいトラブルもあるようです。

Oライン生えていない人はいるの?

自分では生えていないと思っても、意外に生えているのがOラインの毛です。

実は、成人で完全に生えていないというケースは珍しく、多くの人は一定の毛が生えています。

ただ、その毛量や毛質は個人差があり、中には非常に少ないためにほとんど生えていないと感じる人もいます。

Oラインが生えているか確認する方法

Oラインの毛が生えているか確認するには、自分で触ってみたり、鏡で見てみてください。

確認してみると、意外にOラインの毛が生えているのが分かりますよ!

Oラインの毛は処理するべき?

Oラインの毛は、ない方が断然快適です!

わたしも夫もVIO脱毛に通っていますが、おしりのふき取りが本当に楽!

女性でしたら、生理の時にもその快適さを実感できると思います。

夫は、

夫

トイレで下痢した時に、何回も拭かずに済むし、お尻が痛くなくなった!

とその快適さは嬉しそうに話してくれました。

Oラインの自己処理は危険!

Oラインを自己処理するのが危険な理由
  • 肌トラブルにつながる
  • 色素沈着を引き起こす可能性がある

肌トラブルにつながる

Oラインは、脱毛のなかでもっとも自己処理が危険といわれている箇所です。

安易に自己処理を行うことは避けましょう!

Oラインを自己処理するときには鏡が必要ですが、鏡越しではうまく処理しづらいですし、最悪肛門周りの粘膜を傷つけてしまう可能性があります。

Oラインに傷がついてしまった場合、雑菌が入りやすい箇所であるため、肌トラブルにつながります。

色素沈着を引き起こす可能性がある

カミソリや毛抜き・シェーバーなどで肌に負担がかかる自己処理を繰り返せば、その分色素沈着は進んでいきます。

色素沈着は通常であればターンオーバーによって改善されますが、自己処理の回数が多かったり皮膚に傷がついたりすると、ターンオーバーが間に合わず症状は悪化します。

せっかくOラインをきれいにするために自己処理を行ったのに、処理後にOラインが黒ずんでしまった!なんてことが起こります。

Oラインの自己処理はさまざまなリスクが潜んでいるため、ムダ毛が気になったとしても自己処理で済ましてしまうのは避けたいですね。

わたしもVIO脱毛に行く前に自己処理をしてから行くのですが、正直Oラインは怖くてほとんどしていません。

剃り残しがあったら、リゼでは無料で剃毛して頂けるので、Oラインの毛はお任せしていますが、

Oラインもしっかり自己処理をお願いします。

と言われたことがありません。

自分でやりにくい部分に関しては、あまり自己処理できていなくても大丈夫なようです。

Oラインのおすすめな脱毛方法は、何があるの?

脱毛の3つの施術方法

脱毛する上で知っておきたいのは、脱毛法です。

脱毛方法には、ニードル脱毛(針脱毛)・レーザー脱毛・光脱毛の3種類あります。

違いや、VIOのお値段について、下記表にまとめてみました。

脱毛方法VIO脱毛の値段エステor医療
ニードル脱毛(針脱毛)・ツルツルになるまでなら100万円以上
・1本 100円~
エステ=美容電気脱毛方法
医療=絶縁針脱毛
光脱毛・ツルツルになるまで、12回~20回以上で、30万円以上エステ
レーザ-脱毛・ツルツルになるまでするなら、10回以上で、20万以下医療

お値段は、下記のような感じです。(2024年1月現在)

ニードル脱毛(針脱毛) > 光脱毛 > 医療脱毛

2024年2月現在では、エステ脱毛と医療脱毛のお値段が逆転しています。

お値段も効果的にも、脱毛は医療脱毛一択と言えるでしょう。

3つの脱毛方法の特徴は?

3つの脱毛方法の特徴をそれぞれみていきましょう!まずはレーザー脱毛からです。

レーザー脱毛

クリニックで主に行われるレーザー脱毛は、高出力のレーザー光を使用して毛根にアプローチします。サロンの光脱毛に比べ施術回数が少なく済むため、一見サロンより高額に見えても、長期的に見るとコストを抑えられることが多いです。

光脱毛

サロンでよく行われる光脱毛は、レーザー脱毛よりも低出力で、広範囲を一度に処理できます。料金は一回あたり安価ですが、その分全体の施術回数が増えるため、総費用は高くなります。

光脱毛は、永久脱毛ではないので、脱毛後も毛が生えてくるのがデメリットです。

また光脱毛をした後に医療脱毛をする場合、光脱毛によってメラニンが薄くなり、効果が出にくくなります。

なので、最初から医療脱毛で脱毛することをおすすめします。

針脱毛

針脱毛は毛穴ひとつひとつに針を差し込み、電流を流して毛根を破壊する方法です。高い精度で施術が可能ですが、痛みが強く施術時間が長いというデメリットがあります。

お値段は高く、VIO脱毛でツルツルになるまで脱毛すると、軽く100万円以上はかかります!

ニードル脱毛の最大の特徴は、白い毛が脱毛できる点です。

医療脱毛後に残った

白い毛が残った女性
白い毛が残った女性

白い毛も脱毛したい!

と言う場合にのみ、ニードル脱毛は選択肢に入ってきます。

ですので、最初から脱毛する場合には、ニードル脱毛はお値段が高すぎるのでお勧めしません。

VIO脱毛を選ぶなら、医療脱毛一択

脱毛方法は、光脱毛・ニードル脱毛・医療脱毛の3つがあり、どの脱毛法で脱毛するかで値段や効果も変わってきています。

ニードル脱毛はツルツルになるまで脱毛すると考えると、100万円以上するのでお勧めしません。

また、サロンの光脱毛もツルツルになるまで回数がかかり、効果が出るまで2年以上かかります。回数が増えるとお値段も比例して高くなります。

残る医療脱毛ですが、お値段も明確で回数もサロンより短く効果も出やすいです。

ですので、3つの脱毛方法から選ぶなら断然医療脱毛がおすすめでです。

これからVIO脱毛を考えておられるあなたには、脱毛効果も高く、行く回数も少なく、値段もお手頃になった医療脱毛をおすすめします。

◆リゼで脱毛した効果や後悔したことを書いた記事はこちら

今なら、全身+VIO脱毛が5回で70,400円!

                   リゼの公式ホームページはこちら

VIO脱毛で気になるQ&A

Q&A

医療脱毛で脱毛することを前提としています。

VIO脱毛は何回でツルツルになるの?

VIO脱毛がツルツルになるまでの回数は個人差が大きいですが、一般的には8回から10回の施術を受けることでツルツルになると言われています。

毛の量や質、脱毛する機械によっても変わりますが、毛周期に合わせて通いしっかりと保湿することで脱毛効果が上がります。

VIO脱毛は恥ずかしい?

恥ずかしい

VIO脱毛では普段人に見せることのないところを看護師さんに見られる訳なので、初回は緊張するわ、恥ずかしいわで、何かと感情面で大変です。

夫の場合は、ヤグレーザーが痛すぎて恥ずかしいと言っている余裕もなかったそうですが…。

恥ずかしいと感じるのは、逆に痛みがなく余裕があり良いことなのかもしれないと夫の話を聞いて感じました。

そして、その恥ずかしさですが、あら不思議。

2回目以降は慣れるもので、段々と恥ずかしくなくなっていきます。

脱毛してくれる看護師さんも、たくさんの方のVIO脱毛をしているプロなので、恥ずかしさも理解して下さり丁寧な声掛けをして下さるので安心ですよ。

Oラインは全剃りで問題ない?

VIOで全剃りするかどうか悩むのは、VとIだけです。

Oの部分は、全剃りで全く問題ありません。

むしろ、Oは残しておくメリットは1つもありません。

▶Iを残すかどうかを書いた記事はコチラ↓

VIO脱毛して、後悔しない?

VIOを脱毛して「良かった!」という声は多いですが、「やらない方がよかった!」という声はほとんど聞きません。

VIO脱毛で後悔したという声がたまにあるのは、ハイジーナにしてしまった方の一部です。

▶VIO脱毛で後悔しないために事前に準備することを書いた記事はコチラ↓

上記の記事を読んで頂き、後悔のないVIO脱毛をして下さいね。

Oラインの毛は、他の人はどれくらい生えているの?Oラインのおすすめ脱毛方法は?まとめ

Oラインの毛は自分では生えているのかどうか分かりにくいですが、生えている人がほとんどです。

ただ、毛量や毛質は個人差があり、中には非常に少ないためにほとんど生えていないと感じる人もいます

またOラインの自己処理は、肌トラブルや色素沈着を引き起こすため、やめておきましょう!

Oラインを自己処理するのが危険な理由
  • 肌トラブルにつながる
  • 色素沈着を引き起こす可能性がある

Oの脱毛方法は、効果が高く値段も安い医療脱毛がお勧めです。

是非、VIO脱毛を検討される方は医療脱毛で脱毛しましょう!

◆リゼで脱毛した効果や後悔したことを書いた記事はこちら

今なら、全身+VIO脱毛が5回で80,800円!

                   リゼの公式ホームページはこちら

error: Content is protected !!