>>メンズリゼでの脱毛経過の記事はコチラから

脱毛しても青髭は治らないは、本当?|医療脱毛経験者が語るリアルな真実

脱毛しても青髭は治らないは、本当?|医療脱毛経験者が語るリアルな真実

青髭にお悩みのあなた。

青髭に悩んでおられるあなたは、身綺麗できれい好きな方でしょう。

きっと、青髭をなんとかしようと色んな方法を試されていることでしょう。

この記事では、

青髭に悩んでいる男性
青髭に悩んでいる男性

青髭をなんとかして、顔を綺麗にしたい!

というあなたに根本的に青髭がなくなり、綺麗になる方法をお伝えします!

どうぞよろしくお願い致します。

青髭って何?青髭の原因は?

青ヒゲの原因は、皮膚の下にあるヒゲが透けて見えることです。

ヒゲを剃っても、毛穴の中にはまだ毛が残っているため、肌の色と混ざって青く見えてしまいます。

青ヒゲになりやすい人

①ヒゲが太くて濃い人

②肌が色白で薄い人

また、青ヒゲの原因は遺伝や生活習慣、ホルモンバランスなども関係しています。

青ヒゲがを治す、一番効果的な方法は何?

青ヒゲを治す一番、確実で効果的な方法は、ズバリ医療脱毛です!

夫は、現在メンズリゼでヒゲ脱毛とVIO脱毛に通っています。

だいぶヒゲが濃い方で、青ヒゲも目立ちましたが、2回目の脱毛でだいぶ減毛しています。

しかも、お肌も綺麗になっています!

夫 髭脱毛前
ヒゲ脱毛前
脱毛2回目から1カ月半後の写真

医療脱毛が、青ヒゲを治す最も効果的な方法である理由であることを説明するのに、まず、他にどんな方法があるのか見ていきましょう!

青ヒゲを治すNGな脱毛以外の方法

ついついやってしまいがちなのが、毛を抜いたり、深剃りする方法なのですが、実はこれNGです。

以下その理由を説明します。

  • ヒゲを抜く
  • 深剃りする

青ヒゲを治すNGな対策① ヒゲを抜く

毛を抜くのは、下記の肌トラブルの原因になるため、ついついやってしまいがちですが、やめておきましょう!

  • ニキビ
  • 毛嚢炎
  • 埋没毛
  • 色素沈着

青ヒゲを治すNGな対策①青ヒゲを治すNGな対策②深剃りする

ヒゲを深剃りすると、以下のようなデメリットがありますので、やめておきましょう。

  • 肌に負担をかける
  • ヒゲが埋没する
  • ヒゲ太くなる

青ヒゲを治す脱毛以外のOK?な方法

① 毛抜きで毛を抜く

② 日焼けサロンで色黒にする

③ ファンデーションで隠す

④ 抑毛ローションクリームを塗る

脱毛以外には上記の4つデメリット・メリットをみていきましょう。

脱毛以外の青ヒゲ対策メリットデメリット
日焼けサロンで
色黒にする
・色黒になることで青ヒゲが目立たなくなる・肌にダメージが残る可能性がある。
・シミができる
ファンデーション
で隠す
・すぐに効果が出る・時間が経つと、ファンデーションがとれる
抑毛
ローションクリーム
・手軽にケアすることができる
・使い続けることで、毛の成長を抑制することだできる
・脱毛効果はない
・継続して使い続けるのがめんどくさい

この4つの方法では、一時的には青髭を治すことができるかもしれませんが、時間が経つと元通りになってしまい、根本的な解決策にはならないです。

根本的に解決しようと思うと、これはもう脱毛しかありません。

何故脱毛が根本的な解決策になるかというと、毛根にアプローチし、毛量を減少させることができるためです。

次に脱毛方法の種類についてみていきましょう!

青ヒゲを治す脱毛方法

青ヒゲを根本的に治すためには、脱毛しかないということは分かりました。

光脱毛やレーザー脱毛により毛根にアプローチすることで、ヒゲの成長速度を遅らせると同時に、毛量の減少を実現します。これにより髭剃りの頻度が減少し、青ヒゲの発生も抑えられます

脱毛方法には、3種類の脱毛方法があります。

3種類の脱毛方法とは、ニードル脱毛・光脱毛・レーザー脱毛になります。

脱毛方法VIO脱毛の値段エステor医療
ニードル脱毛(針脱毛)・ツルツルになるまでなら100万円以上
・1本 100円~
ヒゲは、約2万本~3万本
エステ=美容電気脱毛方法
医療=絶縁針脱毛
光脱毛・ツルツルになるまで、12回~20回以上で、30万円以上エステ
レーザ-脱毛・ツルツルになるまでするなら、10回以上で、20万以上医療

3つの脱毛方法の特徴は?

脱毛の3つの脱毛方法のそれぞれの特徴を、詳しく書かせて頂きました。

レーザー脱毛

クリニックで主に行われるレーザー脱毛は、高出力のレーザー光を使用して毛根にアプローチします。サロンの光脱毛に比べ施術回数が少なく済むため、一見サロンより高額に見えても、長期的に見るとコストを抑えられることが多いです。

光脱毛

サロンでよく行われる光脱毛は、レーザー脱毛よりも低出力で、広範囲を一度に処理できます。料金は一回あたり安価ですが、その分全体の施術回数が増えるため、総費用は個人差があります。

痛みが少ないというメリットもあり、痛みに敏感な人に選ばれることが多いです。

針脱毛

針脱毛は毛穴ひとつひとつに針を差し込み、電流を流して毛根を破壊する方法です。高い精度で施術が可能ですが、痛みが強く、施術時間が長いというデメリットがあります。

お値段は高くて、VIO脱毛でツルツルになるまで脱毛すると、軽く100万円以上はかかります!

なので、ニードル脱毛はお勧めしません。

3つの脱毛方法の中で、医療脱毛をおすすめする理由

夫 髭脱毛前
ヒゲ脱毛前
脱毛2回目から1カ月半後

医療脱毛とは、医療機関でしか扱うことのできないレーザー機器を使用して行う脱毛方法です。

光脱毛に比べて強い照射が可能であり、効果の高さと施術回数の少なさが魅力です。

夫も2回目の脱毛で、ヒゲの毛量がずいぶん減り、お肌もツルツルになってきました。

  • 高い脱毛効果が期待できる
  • 通う回数が少なく済む
  • 最終的な値段が安くなる
  • 肌トラブルがあっても安心!

高い脱毛効果が期待できる

医療脱毛は、高出力のレーザーを使用して毛根にダメージを与え、発毛を抑制することができます。

このため、ムダ毛処理に毎日時間を使っているか方には、効果が実感しやすくなります。

光脱毛と比較して、医療レーザーの熱作用による強力な毛根へのアプローチは、太くて濃い毛にも効果を発揮しやすいです。

回数を重ねるごとに、滑らかな肌になってくるのも嬉しい効果です!

通う回数が少なく済む

医療脱毛の大きなメリットの一つに、施術回数の少なさがあります。

そのため、忙しくてなかなか通院できない方でも、短期間で効果を実感できます。

また、回数を重ねるごとに減毛し、後のお手入れも楽になります。

一般的に光脱毛と比較して、医療レーザー脱毛のほうが1回で脱毛の効果を感じやすいです。

最終的な値段が安くなる

初回の費用が光脱毛に比べ高く感じられるかもしれませんが、長期的な視点で見ると最終的な出費は抑えられます。

通う回数が少ないため、トータルでかかる費用は意外にもリーズナブルであることが多いです。

また、医療機関であるため、脱毛後のお肌のトラブルが発生しても、無料で対応してくれます。

肌トラブルがあっても安心!

医療脱毛は皮膚科などの医療機関で行われるため、施術前後の肌トラブルが生じた場合でも適切な対応が期待できます。

カウンセリングをしっかりと行い、個人の肌質や毛質に合わせた安全なプランを立てることができるのも大きな強みです。

万が一の肌トラブルにも、医師の診断の下、迅速に適切な治療を受けることができるため、心配事が少なく安心して通院することが可能です。

何回くらい脱毛に通えば、青ヒゲが治るの?

青ヒゲの改善には、個人差がありますが、医療脱毛クリニックでの施術には一定の回数と期間が必要です。

一般的に、家庭用脱毛器での処理よりも出力の高いレーザーを使用するため、効果は高いです。

ただし、毛周期に合わせて施術を行う必要があるため、完全に青ヒゲが目立たなくなるまでには、5回から10回程度の施術が目安とされ、2~3ヶ月に1回のペースで通うことが推奨されます。

青ヒゲの脱毛では、毛の密度、太さ、色などの要因により、施術回数や効果に個人差が生じることがあります。

また、肌質や毛質によって最適な脱毛方法が異なるケースもあり得るため、施術前に専門家のカウンセリングを受けることをお勧めします。

レーザー脱毛では、黒い色素に反応して毛根を破壊するため、青ヒゲの改善に効果的です。

しかしながら、肌トラブルを防ぐためにも、一度の施術で強い出力を使用するよりは、適切な出力でゆっくりと継続することが重要です。

また、施術後の正しいケアも忘れずに行うことで、より一層の効果が期待できます。

完全に青ヒゲがなくなるまでの期間や総回数に関しては、施術を受ける脱毛クリニックや、使用する機器、個人の肌や毛質によっても変わるため、予め専門家のアドバイスを受けつつ、個々の状況に合わせた計画を立てる必要があります、

医療脱毛で青ヒゲを治さないデメリット

  • 清潔感がないように見える
  • カミソリ負けしやすくなる
  • 女性にモテない

医療脱毛で青ヒゲを治さないデメリット

青ヒゲを放置することは、見た目に与える影響が大きいだけでなく、肌への負担も無視できません。

以下、青ヒゲを治さないことのデメリットをみていきましょう。

清潔感がないようにみえる

 

青ヒゲが目立つと、服装や身だしなみを整えていても清潔感を損なう可能性があります。

特にビジネスシーンでは、清潔感が信頼につながる重要な要素であるため、青ヒゲが与えるネガティブな印象はデメリットと言えるでしょう。

かみそり負けしやすくなる

毎日の髪剃りは。肌に大きなストレスを与えます。

ヒゲが濃い人は、繰り返し剃ることが多く、その結果かみそり負けを起こしやすく、肌荒れの原因にもなります。

医療脱毛によって髭の量を減らせば、1回の脱毛で毛量が減り、肌へのダメージを軽減させることが可能です。

女性にモテない

青ヒゲは女性からの印象を悪くする要素の一つです。

清潔感が低いと感じられると、無意識のうちに距離を置かれるケースもあります。

ひげによるチクチク感が不快と感じる女性も少なくなく、肌への触れ合いを避けたいと思われ、恋愛関係においてデメリットを負ってしまうことも考えられます。

医療脱毛で青ヒゲを治すメリット

  • 清潔感がある印象を与える
  • 肌が綺麗になる
  • 女性からの好感度が上がりモテやすくなる

清潔感がある印象を与える

医療脱毛で青ヒゲを治すことで、清潔で整った印象を与えることができます。

髪剃りが不要になるため、毎朝忙しい時間を剃毛に費やすことなく、スムーズに一日をスタートさせることが可能です。また、肌へのダメージが減ることで、常に健康的な肌を保つことができ、肌質の向上にも繋がります。

肌が綺麗に見える


青髭を治すと「肌がキレイにみえる」というメリットもあります。

髭剃りによる肌への負担が減って、肌荒れが減る傾向があります。

脱毛でヒゲがなくなって毛穴が引き締まり、お肌のトーンがあがります!

(ニキビにも脱毛は効果的で、ニキビも綺麗になるという効果もありますよ。)

わたし自身も、顔脱毛をしていますが、脱毛することで毛穴が引き締まり、お肌の透明感が上がりましたよ。

(ただし、脱毛した箇所だけになります。)

女性からの好感度が上がりモテやすくなる

青ヒゲを医療脱毛によってケアすることで、無駄な濃い髭がなくなり全体的に爽やかで清潔感のある印象を与えることができます。

女性は清潔感を重要視する傾向にありますので、髭がないことで、清潔感があるように見え女性からの好感度がUP!

また、お肌が綺麗になることで、自信をもって女性を接することができるようになります。

青髭を治すなら、メンズリゼの理由

メンズリゼは、濃い毛・剛毛の脱毛が得意です。

夫は、メンズリゼでVIOとヒゲの脱毛をしていますが、1回ごとに脱毛効果を感じています。

脱毛前は、朝剃って夕方仕事から帰ってきたら、ヒゲが伸びていて、疲れたおっさんでした。

3回目の脱毛後は、3日に1回の髭剃りでよくなり、剃刀負けもすることなくお肌も綺麗になってきました。

ヒゲ脱毛比較

メンズリゼは、濃い毛の方は、ヤグレーザーで脱毛してもうえるので、痛いですが、効果はバッチリです!

▶そんな夫の脱毛効果とメンズリゼの特徴を書いた記事はコチラ↓

く通えるところを選びたいですね!

脱毛しても青髭は治らないは、本当?|医療脱毛経験者が語るリアルな真実|まとめ

青ヒゲは、医療脱毛で回数は必要ですが、治すことができます!

逆に、ヒゲを抜く、深剃りするなどは肌トラブルを招きやすく、根本的な解決方法にならないためおすすめしません。

脱毛には様々な方法がありますが、医療脱毛をおすすします!

その理由は、

  • 高い脱毛効果が期待できる
  • 通う回数が少なく済む
  • 最終的な値段が安くなる
  • 肌トラブルがあっても安心!

上記4点があげられます。

夫は、メンズリゼの脱毛に通院中ですが、2回の脱毛で随分減毛してきて、お肌もツルツルになってきました。

脱毛前は、夜勤明けから帰ってきた日は、不精髭が目立ち、なんとなくだらしない印象でしたが、今では、顔は疲れているものの、スッキリしてみえます。

不精髭がないだけで、これだけすっきりするのか!とびっくりしています。

青ヒゲでお悩みのあなたへ。

医療脱毛で、その悩みから解放され、綺麗なお肌も手にいれ、毎日の髭剃りの時間からも解放されます!

是非一度、ご自分にあった医療クリニックで無料カウンセリングを受けて下さい♪

ここまでお読み頂きありがとうございました。

error: Content is protected !!